ヤンヤンつけボーの粉は残りがち

ゲームやYouTube、漫画・特撮が好きな人のブログ。ゲームの話題がほとんどです。

【スマブラSP】そろそろファイターパス第2弾の残る3枠を真剣に予想しようとしたが無理だった 【予想編】

前回の「今までの傾向」となる要素をまとめていた途中で気付いたのですが、既にメジャーな作品のキャラクターはみんな参戦していますね。もはや歴史の長くて現役のキャラって誰がいるのか、頭を悩ませてしまいました。

 

そんな中でも人気が高そうな作品を予想してみました。今回は以前のように穿った考え方はやめ、比較的誰でも思いつきそうなチョイスにしました。やっぱり王道作品が一番可能性が高いですね。今回の参戦予想の根拠は以下の記事である「今までの傾向編」まとめています。詳しくは、以下からどうぞ。

yanyantukeboono.hatenablog.com

 

 

それでは、参戦予想に参ります! ……が、その前に「あのキャラクター」について。

 

 

 

ゼノブレイド2』から「レックス」は参戦するのか? 

 

Q. ぶっちゃけ『ゼノブレイド2』から「レックス」の参戦可能性はある?

A. 「ソラ」と同じように、「可能性はゼロではないが限りなく低い」と思います。

 

Xenoblade2 (ゼノブレイド2) - Switch

 

 ということで、まずはゼノブレイド2』より「レックス」の参戦についてです。もし、DLCファイターのラインナップ決めがメインディレクターである桜井政博氏によるものであれば、確実に参戦していたのではないかと思います。しかし、何度も書いておりますが、「ラインナップは任天堂側で決めている」ため可能性は低いと予想しています。今後のシリーズ展開時に「レックス」が続投するなら可能性はありますが、それ以外であればタイミングを逃してしまっているように感じます。

 

ただ桜井政博氏は作品を好意的に見ており、評価もしているそうなので (ソースとなる記事が見つからなかったので、ご存じの方がいれば教えて頂けると嬉しいです)任天堂の対応や今後の展開次第では、少なくとも「ソラ」や「ワルイージ」よりはチャンスはあると思います。また、今回のセフィロスと同様にゼノブレイド2』からの収録曲が異常に少ない点から考えると、「ソラ」の参戦よりは可能性が多少高いかも。あるとするならば、DLCファイター第11弾か、サプライズの追加制作枠 (DLCファイター第12弾となるか) を祈る他はないかと思います。

 

ただ、「レックス」のMiiコスチューム (以下、Miiコスと略す) が有料コンテンツであるファイターパス第1弾の特典であること (このMiiコスが欲しくてファイターパス第1弾を買った人が損してしまう)。前回と同様に最後の参戦ファイターは自社新作枠の可能性がある。ということから「ソラ」と同様に期待はしない方が良いと思います。

 

(ただ、「レックス」のMiiコスが個別販売されていないことは少し気になります。他の個別作品からのMiiコスはいずれも個別販売なのに対して、このMiiコスと「古代兵装 (ブレワイ)」のみが個別販売非対応なんですよね。後者は作中に登場する装備の一つ程度の要素なので分かりますが……) 

 

というわけで、「レックス」についてでした。それでは、残る3枠の予想に参ります。

 

 

 

①『クラッシュバンディクー』より「クラッシュバンディクー

 

 

クラッシュ・バンディクー4: とんでもマルチバース - PS4

 

前回の3枠目で待望枠の「バンジョーとカズーイ」が来たので、今回は後半の開幕でクラッシュバンディクー」が来てくれても良いのではないかという予想です。

 

 

一応根拠としては、「スマブラ」シリーズには結構な頻度で「レトロ枠」として古いキャラクターが選出される特徴があります。前回の「バンジョーとカズーイ」をファイターパス第1弾でのレトロ枠と考えるならば、「クラッシュバンディクー」もレトロ枠として選ばれる可能性はありそうです (「セフィロス」はリメイクが出ているので、恐らく最新作からの出典)

 

正直いうと、クラッシュバンディクーは個人的に来て欲しいだけです。とりあえず新作も出たことだし、そろそろ良いんじゃないんですかね?

 

参戦枠としては、アトラスとの入れ替わりを考えています。もし前回と同様の企業である場合は、親会社のセガよりシャドウ・ザ・ヘッジホッグが参戦するかなと考えています。今までの参戦傾向に全て満たしており、主人公を務めるシャドウ・ザ・ヘッジホッグ』からの楽曲出典がないので、こちらも十分有り得ると思います。

 

シャドウ・ザ・ヘッジホッグ

シャドウ・ザ・ヘッジホッグ

  • 発売日: 2005/12/15
  • メディア: Video Game
 
シャドウ・ザ・ヘッジホッグ

シャドウ・ザ・ヘッジホッグ

  • 発売日: 2005/12/15
  • メディア: Video Game
 
シャドウ・ザ・ヘッジホッグ

シャドウ・ザ・ヘッジホッグ

  • 発売日: 2005/12/15
  • メディア: Video Game
 

 

 

②『デビルメイクライ』より、「ダンテ」

 

Devil May Cry 5 Special Edition

 

 個人的に予想の中では最有力候補かと思います。理由としては、前記事の傾向を全て満たしていることだけでなく、ここ最近はソシャゲでのコラボが活発で、『デビル メイ クライ5 スペシャルエディション』が発売されるなどシリーズ展開にも力が入っている作品です。何より海外人気が凄い。もし参戦したなら、ベヨネッタ VS ダンテという「痴女 (天使殺し) VS 色男(悪魔殺し) 」という面白い対戦カードも出来て楽しいですね。ホントに良い子のスマブラなのかな……?

 

入れ替わる企業としては、やはりSNKですかね。「セフィロス」は既に参戦しているシリーズから出典でした。そこにギース・ハワードを出してしまうと、餓狼伝説における主人公の宿敵で同シリーズからの出典という要素被りが起きてしまうので避けてくる気がします。今作はヴィランの参戦が多いとはいえ、出してしまうと「ベガ」豪鬼」、「エッグマン辺りも入れて欲しいという要望が噴出しそうなので考えにくいかと。恐らく、「セフィロス」は結構特殊な待遇だと思います。

 

とにかく候補が多すぎるカプコン枠。来年2月にカムバック予定のレトロ枠「アーサー」や、ハリウッド映画化などで波に乗っており、Switch版の新作を控えるモンスターハンターより「ハンター」(恐らく来るとするならモンスターハンター ライズ』の仕様か)、意外な人気の成歩堂龍一など (バイオハザードシリーズはCEROとスネークとのキャラ被りの都合で省きました)ビッグタイトルが多いので難しいところです。

 

極魔界村 - PSP

極魔界村 - PSP

  • 発売日: 2006/08/03
  • メディア: Video Game
 

 

 

③自社新作枠 または、『ゴッド・オブ・ウォー』より「クレイトス」

 

スーパーマリオ アイテムクッション(ハテナブロック)

【PS4】ゴッド・オブ・ウォー PlayStation Hits【CEROレーティング「Z」】

 

ここに関しては本当に予想がつきませんでした。もし、これがファイターパスのグランドフィナーレになると仮定するならば、少なからず盛大な参戦が見られるのではないかと思います。ただ、ファイターパス第1弾の最後に自社新作枠を持ってきたように、まだ出ていない新作のキャラクターが先行参戦させるのは結構有り得るのかと思います (その場合は直後に、「おまけで「レックス」も制作しています!」などのサプライズも有り得そうですが)

 

ただ、自社参戦のファイターは既に一枠使ってるので、違う場合はソニー・インタラクティブエンタテインメント (以下、「SIE」と略す) から一枠来そうな気がします。その流れで来るとするならば、「クレイトス」かなと思います。「ラチェット&クランク」は性能は違えど「バンジョーとカズーイ」に近い要素が多くなってしまいそう (遠距離武器を使ったり、2人で1組の部分など) ですし、井上トロが戦っている姿は想像しにくいです。

 

そのため、Z指定の壁を越えて、攻撃がめちゃくちゃマイルドな表現になったクレイトスさんが参戦してくるかもしれないです。これは、技の演出的に厳しいという部分を撥ね除けてベヨネッタが参戦したスマブラ for』の時と同じようにサプライズ参戦があったら良いなという気持ちや、SIEで海外人気が高い看板キャラという部分からの予想です。

 

【PS4】ラチェット&クランク THE GAME PlayStation Hits

【PS4】ラチェット&クランク THE GAME PlayStation Hits

  • 発売日: 2018/07/26
  • メディア: Video Game
 
どこでもいっしょ - PSP

どこでもいっしょ - PSP

  • 発売日: 2004/12/16
  • メディア: Video Game
 
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

  • 発売日: 2014/12/06
  • メディア: Video Game
 
大乱闘 スマッシュ ブラザーズ for ニンテンドー 3DS - 3DS
 

 

 

終わりに

色々と予想していますが、まあこんなの来そうだよねーと中学生が教室の隅でヒソヒソやっている程度のものなので、信憑性は殆どゼロであることをお許しください。

 

また、かねてよりスマブラシリーズのメインディレクターである桜井政博氏は、何か発言がある度に「スマブラに○○参戦か?」と言われることが大変とおっしゃっていますので 、くれぐれも本人のTwitterなどにそういったリプや参戦希望などの要望などは送らないようにして頂きたいです。

 

同発言は、桜井政博氏のTwitterや、「マフィア梶田中村悠一のわしゃ生」にゲスト出演された回 (該当回が見つからなかったので、後日追記します。「わしゃ生」は、他にも小話などが豊富で面白いので是非見てみて下さい!!) でも発言されています。

 


【小話も沢山!】ヴァルマンウェゲットまで何分かかる?【ゲスト桜井政博】

 

予想はあくまでチラシ裏へ! 以上、インターネットの隅っこよりお届けしました。

 

桜井政博のゲームについて思うこと 2015-2019

桜井政博のゲームについて思うこと 2015-2019

  • 作者:桜井 政博
  • 発売日: 2019/04/25
  • メディア: 単行本